法と経済学会セミナー開催のご案内

法と経済学セミナー開催のご案内

マーク・ラムザイヤー ハーバード大学ロー・スクール教授が来日されております。
法と経済学の観点からの日本法分析などについてご報告いただきたく、当学会
主催の公開セミナーを下記の通り、開催できる運びとなりましたのでご報告申し
上げます。多くの会員のご参加をお待ち申し上げます。
  参加ご希望の方は、事務局までご連絡いただきますようお願い申し上げます。
なお、会場の手配の都合上、募集人員(約100名)に達した段階で、ご参加をお断
りする場合がありますので、なるべくお早めにご連絡をいただきますようお願い
いたします。


1.日 時 2003年12月1日(月) 16:00〜18:00                
2.場 所 政策研究大学院大学(若松校舎)3階A・B会議室      
〒162-8677 東京都新宿区若松町2−2         
(案内図:http://www.grips.ac.jp/main/ma_map.html)     
    (ご不明の場合は、事務局までご連絡下さい。地図を送付いたします)
3.テーマ                                                    
「Empirical Research in Law & Economics:          
Examples from the Current Corporate Governance Debate」
(法と経済学における実証的研究について:                    
コーポレイト・ガヴァナンスをめぐる現在の議論を例として)
 4.講演者  マーク・ラムザイヤー教授                            
     《プロファイル》                                                     
     ハーバード・ロー・スクール教授で、法と経済学、日本法を専門とされて
   おり、著書論文が多数ある.邦語のものとしては、『法と経済学:日本法済
   分析』弘文堂1990年,『日本政治の経済学:政権政党の合理的選択』弘文堂
   1995年,「日本における司法の独立を検証する」(ラスムセン教授との共著) 
 『レヴァイアサン』22号116頁以下(1998年)などがある。               
      ミシガン大学で修士号取得後,ハーバード・ロー・スクールに進学して成績
      最優秀者としてHarvard Law Reviewの編集委員を務める.ハーバード・ロー・
      スクールを優等(magna cum laude)の成績で卒業後,連邦控訴裁判所(第一巡
      回区)のステファン・ブライヤー判事(当時・現連邦最高裁判所判事)のロー・
      クラークを務める.その後,UCLAロー・スクール教授,シカゴ大学ロー・   
スクール教授を経て現職に就かれている.                         
     学外活動としては,Journal of Legal Studiesの編集委員,American Law 
     & Economics Associationの理事,University of Chicago Pressの法と経済
 学関係の編集委員等を歴任されている.                            
    現在は,東京大学法学部の客員教授として来日されており,法と経済学の
     観点から日本の会社法についての実証的な研究を東京大学経済学部の、三輪
 芳朗教授と共同でされている.                                    
    なお,ラムザイヤー教授は18歳まで日本の宮崎で過ごされ,日本の初等公
    教育を受けておられる.日本語は母語と同等以上である.
             
 5.参加費 無料(学会員)                                         
     6.その他 参加定員(約100名)に達した段階で、参加応募を締め切りさせて
いただきます。                          
7.参加希望者ご連絡先 jlea@srdi.or.jp                         
                                  以上


      
      
法と経済学会・会員各位