法と経済学研究
(Law and Economics Review)
投稿規定


1.内容

 A.「研究論文」   法と経済学に関する学術研究や調査報告等で未発表のもの。

 B.「随想」       法と経済学の今後の研究への刺激となりうるもの。

2.原稿執筆及び投稿要領

   (1) 「研究論文」、「随想」の投稿者は、最終稿を「研究論文執筆要領」に
    従って作ること。随想は会誌
3ページ以内におさまること。 

【研究論文執筆要領(抄)】
 ・ 本文は和文、英文のいずれかとする。
 ・ 最終原稿は、会誌
20ページ程度まで(20,000字程度)

   (2) 応募者は、所定の書式・file形式による原稿ファイルを、電子メールの
    添付文書により事務局宛送信すること。なお所定の原稿ファイルが技術的に
    困難な場合は、事務局宛お問い合わせ下さい。事務局にて原稿ファイル作成
    を代行し、実費を請求致します。

3.研究論文の採否について

 委員会が査読者のレポートに基づいて審査を行い、採否を判定する。

4.発表

 掲載が決定した論文は、『法と経済学研究』に掲載する。

5.投稿料・掲載料等

 会員は当分の間無料とする。「研究論文」は非会員でも投稿可。ただし、
投稿料6,000円を徴収する。また、通常の範囲を越す制作実費の負担を求める
ことがある。
 「随想」の投稿は、会員に限る。

6.著作権等

      別記,著作権規程を参照

7.問い合わせ・原稿file提出先

       投稿を希望するものは,投稿申込書をダウンロードし,必要事項を
     記入して作成したファイルとともに,論文を(フォントを
     すべて埋め込んだ)PDFファイルとして作成し,

           法と経済学会事務局:jimukyoku@jlea.jp

  へ添付ファイルとして送付すること。

○投稿関係
  投稿規定へ
  投稿申込みへ
  執筆要領へ  執筆要領(pdf版)
  サンプルフォーマットへ
  著作権規程へ

○査読関係
  論文審査規定(査読規定)へ
  査読報告書様式へ 

○編集委員会へ