2005年度(第3回)全国大会
開催のお知らせ


2005年度全国大会プログラム委員会                            2005年度全国大会実行委員会
  委員長 宇佐美 誠                                                 委員長 林田 清明

  標記全国大会を、下記要領にて開催いたします。多数のご参加をいただきますようお願い申し上げます。

大会は終了致しました。多くの方のご参加ありがとうございました。
  ○梗概集はこちらになります→梗概集
         

1.日時: 2005年7月16日(土)−17日(日)

2.会場: 北海道大学 学術交流会館
     (〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目)


3.プログラム概要

1日目 「法と経済学会」2005年度 全国大会 プログラム(案) 7月16日
(土)
於:北海道大学 学術交流会館
会 場 時 間 報 告 題 名 発表者名 所  属  討論者 機材










T
第一会場
(小講堂)
 セッションT−A 『企業の法と経済学T』  チェア:倉澤 資成(横浜国立大学)
9:30〜 9:55 企業におけるCEO交代の経済分析 野崎 竜太郎 九州大学(院生) 中泉拓也(関東学院大学) PC
9:55〜10:20 非対称的情報下での私的整理と法的整理の選択 内野 耕太郎 神戸大学 瀬下博之
(専修大学)
OHP
OHC
10:25〜10:50 会計情報の規制と市場効率性
 ―経営者利益予測情報の証券市場への影響―
孔 炳龍 駿河台大学経済学部 PC
PP
10:50〜11:15 「資本」の法と経済学 日向野 幹也 立教大学社会学部 倉澤資成(横浜国立大学) PC
PP
第二会場
(第一会議室)
 セッションT−B 『環境問題の法と経済学』   チェア:久米 良昭(那須大学)
9:30〜 9:55 廃棄物処理に関する責任の経済分析 南部 和香 明治大学大学院商学研究科(院生) PC
9:55〜10:20 家電リサイクル法に関する経済学的分析 赤石 秀之 法政大学大学院社会科学研究科(院生) OHP
OHC
10:25〜10:50 費用対効果オークション  −環境負荷の小さい物流体系の構築を目指す実証実験におけるオークション制度を参考として− 中泉 拓也
/泉田 裕彦
関東学院大学経済学部
/新潟県知事
天谷研一
(神戸大学経済経営研究所)
PC
PP
10:50〜11:15 公的調達の法制度と環境負荷に関する経済分析 山本 雅資 慶應義塾大学経済学研究科(院生) PC
11:15〜11:25  ◇休  憩










U
第一会場
(小講堂)
 セッションU−A 『知的財産と労働の経済学』  チェア:福島 隆司(政策研究大学院大学)
11:25〜11:50 知的財産権の保護と技術取引
 −ミクロデータによる実証分析−
伊藤 万里
/若杉 隆平
慶應義塾大学大学院経済学研究科(院生)
/慶應義塾大学経済学部
鶴田大輔(政策研究大学院大学)
11:50〜12:15 特許法35条と職務発明制度についての理論と実証 井上 綾子
/山崎 福寿
上智大学大学院(院生)
/上智大学
PC
PP
12:15〜12:40 労働者派遣法改正の経済学的帰結 戸田 淳仁 慶応義塾大学大学院経済学研究科(院生) PC
PP
第二会場
(第一会議室)
 セッションU−B 『行政と教育の経済学』  チェア:福井 秀夫(政策研究大学院大学)
11:25〜11:50 費用便益分析のあるべき手続きと内容について
 ―OMB審査を参考に―
位田 央 立正大学法学部
11:50〜12:15 教育分野における法と経済学的思考の応用
  -
社会人を対象とした「遠隔教育」の制度設計を例として-
松村 豊大 国土交通省航空保安大学校岩沼研修センター PC
OHP
12:15〜12:40
12:40〜14:00  ◇昼食休憩 (別室にて 理事会開催)


第一会場
(小講堂)
   ■2005年度 総会
14:00〜14:20  審議事項
  ・2004年度事業報告・収支決算
  ・2005年度事業計画・収支予算
  ・理事の改選について
  ・その他
第一会場
(小講堂)
   ■記念講演   『効率と正義、事前と事後  −長期的観点からの関係−』
14:30〜15:10      2005年度 法と経済学会会長  八田 達夫(国際基督教大学教養学部教授)
15:10〜15:20  ◇休  憩
   ■プレナリー・セッション 『法学と経済学の対話』  チェア:宇佐美 誠(東京工業大学)
15:20〜16:25 『企業不祥事防止策としての行政モニタリングと市場の競争状況』
     浜田 宏一(エール大学教授・法と経済学会元会長)/白石 賢(内閣府)
太田勝造
(東京大学)
16:25〜17:20 『労働契約法制についての法と経済学からの分析』
 八代 尚宏(国際基督教大学教養学部特別客員教授
                          ・前(社)日本経済研究センター理事長)
山川隆一
(慶應義塾大学法科大学院)
 懇親会(要 参加費:6000円 札幌アスペンホテル 会場より徒歩3分)
 2日目 「法と経済学会」2005年度 全国大会 プログラム(案) 7月17日
(日)
於:北海道大学 学術交流会館
会 場 時 間 報 告 題 名 発表者名 所  属 討論者 機材










V
第一会場
(小講堂)
  セッションV−A 『企業の法と経済学U』  チェア:松村 敏弘(東京大学)
9:30〜 9:55 どの企業は投資ファンドのターゲットになるのか 胥  鵬 法政大学経済学部 神谷高保
(法政大学)
PC
9:55〜10:20 Small Creditors Power in Civil Rehabilitation
-A Compound Game of a Simple Majority Game and a Weighted Majority-
廣川 みどり
/胥  鵬
法政大学経済学部
/法政大学経済学部
田頭章一(上智大学ロースクール) OHP
OHC
10:20〜10:45 Capital Structure and Survival of Financially Distressed SMEs in Japan 鶴田大輔
/胥  鵬
政策研究大学院大学
/法政大学経済学部
内野耕太郎
(神戸大学)
PC
第二会場
(第一会議室)
  セッションV−B 『法と経済学の諸潮流』  チェア:長谷川 晃(北海道大学)
9:30〜 9:55 「法と経済学」の正義論
 −合理的選択と規範理論−
戸田 宏治 福岡大学
9:55〜10:20 オーストリア学派の制度観 鳥澤 円 広島市立大学国際学部
10:20〜10:45 Behavioral Law and Economicsの理論的可能性
                   ―方法論の実行可能性と受容可能性―
瀬戸山 晃一 大阪大学大学院法学研究科
10:45〜10:55  ◇休  憩










W
第一会場
(小講堂)
  セッションW−A 『社会規範と損害賠償の経済学』  チェア:常木 淳(大阪大学)
10:55〜11:20 Social Norms and the Law:
 - Substitutes or Complements?-
座主 祥伸 神戸大学大学院法学研究科「市場化社会の法動態学」研究センター 太田勝造
(東京大学)
11:20〜11:45 権利の初期設定と将来の損害賠償
 -新たな視点からの再考-
小祝 慶紀 国士舘大学法学部 OHP
第二会場
(第一会議室)
  セッションW−B 『取引と世代関係の経済学』  チェア:矢野 誠(慶應義塾大学)
10:55〜11:20 Alternate contracts for side payments 山田 玲良 札幌大学 PC
OHP
11:20〜11:45 Characterization of the Maximin Choice Function in a Simple Dynamic Economy 宇田川 大輔
/須賀 晃一
早稲田大学大学院(院生)
/早稲田大学
PC
11:45〜11:55  ◇休  憩





W
第一会場
(小講堂)
  セッションX 『民事訴訟の経済学』  チェア:細野 敦(東京地方裁判所)
11:55〜12:20 民事訴訟における訴訟コストと証明度 山口 龍之 島根大学法務大学院 OHP
12:20〜12:45 合意による弁護士費用敗訴者負担ルールの選択可能性 池田 康弘 熊本大学法学部 福山博文
(立教大学)
PC
OHP

|




第二会場
(第一会議室)
  学会企画ワークショップ 『企業行動規制の経済分析』  チェア:岸本 哲也(早稲田大学)
11:55〜12:20 企業の研究開発投資と責任ルール
−「開発危険の抗弁」についての一考察−
越野 泰成 琉球大学法文学部 岸本哲也
(早稲田大学)
OHP
12:20〜12:45 解雇規制の変化と雇用量への影響について 熊谷 太郎 神戸大学 常木淳(大阪大学社会経済研究所) OHP
12:45〜14:00  ◇昼食休憩




第一会場
(小講堂)
■特別講演 『非合理的協力行動の説明:効用変換とヒューリスティック』 
14:00〜14:50  山岸 俊男(北海道大学大学院文学研究科教授) PC
PP
14:50〜15:00  ◇休  憩




第一会場
(小講堂)
■パネルディスカッション 『法曹の素養としての法と経済学の可能性(仮題)』
15:00〜17:00 パネリスト
 加賀山 茂 (明治大学法科大学院教授)
 草野 耕一(弁護士)
 福井 秀夫(政策研究大学院大学教授)
 細野  敦 (東京地裁判事)
 吉村 典晃(法務省司法法制部参事官)  
コーディネーター
 松村 良之(北海道大学大学院法学研究科教授)
 
注:各セッションでの報告は、討論者がついても、つかなくても25分とする。
    討論者のつく場合は、報告15分、討論5分、質疑応答5分とする。
   討論者のつかない場合は、報告20分、質疑応答5分とする。

   機材欄は、PC(パソコン+プロジェクター)、PP(Power Point)、OHC(書画カメラ)を示す。

    本プログラムは、今後若干の変更が生ずる場合がありますが、ご了承のほど、お願い致します。

    「研究報告募集要項」はこちらから[申し込みは締め切りました]

4.参加費 会員:無料,非会員:一般5000円,学生2000円
        懇親会については、一律 \6,000/人

5.その他
   原則として会場での資料の配付はございません。聴講希望をされる論文・要旨などを
  各自ダウンロードしてご持参ください。
 

【会場ご案内】

  北海道大学 学術交流会館アクセスマップ
    http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/mapindx1.htm

  北海道大学周辺案内図→こちら
    (当日の昼食場所、散策等にご活用ください)

JR北海道 札幌駅下車
札幌駅北口 徒歩約5分/正門すぐ